SPACE K 代官山【公式サイト】

代官山のレンタルギャラリーです。写真、絵画などの展示、物販に最適です。

2022

Robert Adachi exhibition-Frequencies-

SPACE K 代官山 企画展
安達ロベルト作品展 FREQUENCIES(周波数)

2022/5/3(火)〜8(日)
11:00〜18:00 (最終日〜15:30)

人はその内に波を有し、波をもって意思疎通をし、波を使って宇宙とつながる。
波には周期、すなわち周波数(フリークエンシー)がある。

周波数というものを初めて意識したのは12歳、小学6年のときだった。アマチュア無線に興味を持ったのだ。
試験勉強の過程で、電波とはその名の通り電磁の波で、アンテナはその波の振れ幅に合わせた長さになっていることを知った。
無線を通して海外の人々と交信するようになって、彼らの文化に興味を持ち、いくつかの言語を学んだ。
言葉は空気の波であり、その変化のかたちが意味を持つ。

その後音楽を始め、それぞれの楽器が出す異なる波形やその周波数の高低を用いて、より抽象的な表現をするようになった。
リズムもまた波である。

写真をするようになると、より高い周波数の電磁波、つまり光を扱うようになった。
日々内観していると、内側には意識の波があり、その周波数が日々変化することがわかる。
ざわついている日もあれば、凪いでいる日もある。
ハートは、それに部分的に影響されながらも、固有のリズムを刻む。

バイオリズムや生理現象も内なる波である。
それは惑星や衛星、宇宙のリズムに呼応している。

展示作品では、十代前半から一貫して興味を持ってきた周波数を象徴するものとしての波を主なモチーフにしている。
それは内なる波の反映であり、コミュニケーションのかたちであり、あるいは昨今の世界の混乱にたいする非常に個人的な祈りである。

水彩、油彩による絵画の新作に、ゼラチンシルバープリント写真の旧作を添えて。

安達ロベルト
Robert Adachi

写真家/画家/作曲家。
異なる媒体の言語で共通のエナジーを表現する「マルチメディア・トランスレーター」。
写真家としては、世界各地で展覧会を開催。
リコーGRシリーズ等のカタログ写真・公式サンプル写真を担当。
主な出版に写真集「Clarityand Precipitation」(arD)がある。
画家としては、近年は毎年個展を開催。絵本等の挿絵を担当。ファインアートの分野で受賞多数。上智大学国際関係法学科卒。

掲載中
https://koten-navi.com/node/13643
チラシミュージアム

 

19A 写真展-11pieces-

2022/4/15(fri) – 4/17(sun)
4/15 14:00-18:00
4/16 10:00-18:00
4/17 10:00-15:00

私たちPHAT PHOTO写真教室19Aクラスで学んだ11人の写真展です。
写真教室1年目の2019年秋にもSPACE K さんでクラス展を開催させて頂きました。
その時から2年半の時は流れ、11人それぞれの写真もモチーフや表など方向性がより明確になり、個性が出てきたのかなと思います。
今回は特にテーマに拘ることなく、それぞれが自由にそれぞれの思いを表現した作品を展示させて頂いたつもりです。
それら11片のかけらが1つになった時にどのようなカタマリになるのか私たち自身も楽しみです。
まだまだ未熟な私たちですが、作品をご覧いただければ幸いです。

エネルギーアート展-


2022/4/5(tue) – 10(sun)
平日 11:00-18:00 土曜日 10:30-17:30 日曜日 10:30-16:30

~魂で生きる~
私の魂は地球を再生するために来ていることを知り
絵画を通して天使や神仏たちと共に
愛と光のメッセージをお伝えすることとなりました。

。あなたの魂の目的はなんですか?
アートに触れて 魂で生きる気づきが見えてきます

すみれ
2021年4月より活動をスタートさせる

自身の魂の目的を知り、
地球の為に絵画を通して
光の存在達と共に
魂の気づきとなるエネルギーを人々に届けています。

今回は画家としての活動1周年を記念して
自身初となる個展、
『エネルギーアート展』を開催します。
無から有を生み出す、
新感覚アート
是非会場にてご体感下さい✴︎✴︎✴︎

˚✧₊⁎愛と光のサンクチュアリでお待ちしております⁎⁺˳✧༚

【今後の展示予定】
・2023年2月19日~2月23日
「第28回 日本の美術~全国選抜作家展~」
会場 上野の森美術館

・2023年10月20〜22日
Salon Art Shopping Paris
会場 カルーゼル・デュ・ルーヴル(ルーヴル美術館地下)

✴︎Online Store✴︎
https://24loveandlight.com/
✴︎Instagram✴︎
@24loveandlight

Lyripapa 写真展「ダイアリー」 -

2022/3/10(thu) – 3/16(wed)
13:00-19:00 最終日は16:00まで

透明水彩は蝋燭のよう
溶かしては神の上で固まって
新しく世界を縁取っていく
その輪郭に熱があるかのように
ぜひご高覧ください

芦屋マキ
1996.4.23.

専門学校日本デザイナー学院 イラストレーション科卒業。
夜と海の中が好きです。
夢の瞬間を切り取った作品作りを心がけています。
透明水彩、デジタルで制作しています。

​絵に関する​お仕事随時募集しております。

●活動履歴●
・2017.11 透明水彩ワークショップ
北海道芸術高等学校横浜サテライトキャンパス様にて
・専門学校日本デザイナー学院 東京校 今期ビジュアル担当。
​・復刊ドットコム スモールエス(SS)54号 「人体について」インタビュー
・2019.12 マレーシアにてコミックイベント「COMIC FIESTA」日本デザイナー学院様ブースにて 水彩デモンストレーション
・スモールエス(SS)63号 水彩メイキング
・your school オンラインクラス「光を生み出す透明水彩」開講
・季刊エス74号 水彩メイキング

​その他ワークショップ・デモンストレーション等で活動しています。

​●展示活動●
・2016.3/21~4/3   aoi*inc様 「少年展」
・2016.9/11~9/13   グループ創造サークル主催 「赤VS青展」
・2016.12/24~12/26  グループ展「色宝展」
・2017.3/4~3/22 aoi*inc様 「プラネタリウム展」
・2017.3/23~3/25  初個展「コメットバンク」
・2017.6/22~6/26 ARTs*LABo様「雨展2017」
・2017.7/15~7/30 アトリエ空白様 「流星雨ノ夜に」
・2017.8/26~9/1  グループ展「夏のしあわせコンポート」
・2017.9/13~9/25 ぎゃらりぃあと様「週刊少女はいから」
・2017.10/30~11/5 二人展「星筏」
・2018.2/23~2/27 ARTs*LABo様 「角展2018」
・2018.6/13~6/25 ぎゃらりぃあと様「嗜眠病院」
・2018.9/12~9/24 ぎゃらりぃあと様「外つ国ノ宴」
・2018.10/13~10/15 cells-illustration-vol.6
・2018.11/12~12/10 イココチ様 ポストカード展
・2019.1/31~2/4 個展「灯したエピローグの先は」
・2019.2/15~2/24 アトリエ空白様「手のひらに陽だまりを」
・2019.4/19〜5/6 アトリエ空白様「鎖とリボン」
・2019.11/27〜12/2 夢の扉展」
・2019.12/13〜12/22   アトリエ空白様「competition#2」
・2020.5/22〜5/31 アトリエ空白様「空想画廊」
・2020.11/6〜11/22 アトリエ空白様「elemental~精霊たちの棲む森~」
・2021.1/27~2/2    web個展「いろのすむところ」開催予定
・2021.6/18~6/27 展示会「四季に染める」

https://www.ashiya-maki.com
twitter a0z0o0
instagram p0azo0q

Lyripapa 写真店「ダイアリー」 -

2022/3/2(wed)-3/8(tue)
11:00 – 18:00 (最終日は16:00まで)

「光を感じながら微睡む心地よさにも似た、猫たちとの週末の記録」
猫と娘の静かで優しい日常を紡いだ写真を展示します。ご覧ください。

‐Lyripapa(リリパパ) プロフィール‐

仕事のある東京と家族の住む山形の往復生活をしている父。
娘が生まれてからのめり込んだ写真が趣味。三匹の飼い猫にはやや避けられ気味。現在は主にフィルムカメラで身近な世界に見つけた心動くものを撮影している。

-活動歴-
・2019年 個展「リリネコ」 東京都世田谷区成城 cafe & gallery Quo vadis
・「NEKOくらぶ写真集」(廣済堂出版)に写真掲載(pynopapa名義) 等

Atsusi Yokoyama 個展 「純粋経験」

Atsuo Yokoyama 個展ー純粋経験ー
2022/2/11(Fri)- 2/17(Thu)
11:00-18:00 (最終日は16:00まで)

★作家在廊日  2/11(Fri)・12(Sat)・13(Sun)・17(Thu)

instagram @akzw23nori000

今回の個展のテーマである純粋経験(じゅんすいけいけん)は、
哲学用語のひとつで、*「反省を含まず主観・客観が区別される以前の直接経験」*を指す用語です。
私の絵を構成する全てのパーツは、私という宇宙の中で、
「こうあるべき」という概念から引き剥がされた、
意味のないものの集合体です。
私の絵に物語はありません。絵の主人公たちは何も語りません。
しかしそこに確かに存在しています。
私たちは存在するだけで価値があるのです。

-作家プロフィール-
Atsuo Yokoyama
30代突入と同時に画家としての活動を開始し、自ら作品を発信するようになった「野良絵描き」。
絵画は「言語」であり、「思考プロセス」であり「実験と挑戦」であり「悩み」でもあり「鍵」でもある。
誰も描いたことのないような絵を描きたい。

主な個展/出展履歴
2019.11.26-2019.11.28 DESIGN FESTA GALLERY at EAST 304 「顔面博物館」
2020.8.15 – 2020.8.17DESIGN FESTA GALLERY [WEST 2-D] 『~我々はお前を見ている~』
Focus art Fair London 2021 出展

 

森本裕香写真展 「白黒 羊」

2022/1/25(tue) – 1/31(mon)
11:00-19:00 (最終日15:30)
羊たちをモノクロフイルムで表現し始めてから15年。
今回は撮り下ろしとなる
愛しくてたまらない・・・・
肖像のような羊たち。
暗室にてプリントした作品となります。

プロフィール
PHOTOGRAPHER  森本 裕香
高校時代から使い捨てカメラを持ち歩き思い出作りとして写真を撮り始める。高校卒業後、福祉専門学校へ通い障がい者福祉施設、保育園に勤めるも写真の楽しさに更に魅かれ、仕事をしながら写真教室に通う。当時はフィルム写真での作品に力を入れる。
暗室との出会いは、Roonee247photography(現Roonee247finearts)でのワークショップ。一つ一つの工程で丁寧に作品と向き合い仕上げていくことに魅力を覚え、モノクロ写真の楽しさを知りる。そのワークショップがきっかけで元々興味のあった羊をモノクロで撮り始める。
個展
2006年 「子ども日和」 -保育士として過ごした日々- @café宙
2016年 「ここではない、どこかへ」 -new yorkにて撮影- @ギャラリーとりこ @フェルケール博物館
「羊々」 -モノクロフィルム手焼きプリント作品-  @Roonee247photography
その他
シタール奏者 加藤貞寿氏 CDジャケット撮影
PHaT PHOTOコンテスト「幸せのカタチ」「サクラワカレミチ」共に佳作

グループ展
2007年 横浜シャシンエキスポ御苗場  @横浜BankART 1929
虹の種 -巡回展-@沼津cafétorent(現:awatenbow)@下北沢moiscafe@shozocafe黒磯
2008年 アオイロミドリイロシマイロ 16のカメラが見た屋久島 @ギャラリーコンシール
2009年『PLAYERZ FEVER』~ Street art Exhibition ~ @VIGO BLACK
2011年 写真機の友 写真展 アナログ写真術 @静岡市民ギャラリー
2013年 ママシュールアートショウ @This is cafe

 

 

 

MAMI TUNODA  個展 -FEMININITY -

2022/1/4(tue)-1/10(mon)
11:00 – 18:00  (最終日は16:00まで)